クロエ(Chloe)について

 クロエ(Chloe)とは、世界中でとても人気のあるフランスのファッションブランドです。 創始者はギャビー・アギオンという方で、1950年代前半に創業させたのがこのクロエの始まりです。 主なブランドアイテムはに女性向けのフェミニンなデザインのバッグ、アクセサリー、香水などで、 その製造・販売を行なっています。 前述した通り、クロエ(Chloe)はもともとはフランスが発祥のファッション・ブランドでしたが、 その人気は徐々に国境を越えて海外へと広がっていき、まずはヨーロッパ全土、そしてアメリカ、さらにはアジアと伝わり、 そしてこの日本にもそのブームがやってきました。 クロエのデザインは、なんともフランスらしい、上品で朗らかで美しいイメージです。 創業当初はバッグやアクセサリーなどのデザインだけを行っていたようですが、 1970年頃からは、コロネット商会と提携して、クロエブランドの香水の販売も始めました。 そして長い月日が流れ、今ではもう香水も定番のアイテムになったのではないでしょうか。

クロエ(Chloe)のイメージとデザイン

 大人の女性と言えばクロエ(Chloe)というようなイメージを持っていませんか。 そういうイメージを持った方が多いかと思います。そうすると逆に言えば、 クロエというブランドはあまり若者向けのブランドではないと言えるのかも知れませんね。 もちろん若い方がクロエの装飾品や香水を身につけても別に構わないですよ。 クロエ(Chloe)の現行(2007年)のデザイナーは、パウロ・アンダーソンという方で、 2006年以前はフィービー・フィロさん、2001年以前はステラ・マッカートニーさんとけっこう変わっているんです。 そういうことから、いくらブランド全体のテーマは同じように作っても、 肝心のアイデアの源であるデザイナー自体が違っているのですから、 年代別に分けてみると同じクロエの商品であっても、多少デザインに差が出てしまいます。 これは当然といえば当然のことであり、だからこそデザイナーの存在意義もあるのです。 一応、新しいアイテムは最新の流行にあわせてありますが、 残念ながら個人の好みがいつもそのときの流行どおりとは限りません。 少し流行とはずれても、「一世代前のクロエが欲しい!」「やっぱりあのデザインのほうがよかった!」 なんて思っている方もいるかもしれません。取り扱いショップに在庫として残っていればいいですが、 それこそデザインが良ければ良いほど、すぐに売れ切れてしまいます。ではどうすればよいのでしょうか? 次の章を読んでみてくださいね。

クロエ(Chloe)のアイテムをインターネット通販で探す

 少し前のデザインのクロエが欲しい!!そんな方のお役に立ちそうなのがインターネットです。 普通のお店では品揃えに限りがありますし、ショップを次から次へと回っていくのはとても大変です。 そんな中でお目当ての商品を探しだすことなどは、もっともっと大変なことです。 しかし、インターネットショップであれば、検索のキーワードを入れてボタンひとつで お目当ての商品を見つけることができます。それも全国各地に点在するいろんなお店から探すことが可能ですから、 その辺のショップとは品揃えの量が桁違いなのです。 しかし、それでも探しているアイテムがないということも実際にはありますよね。 そんなときの切り札として、インターネット・オークションで探してみるという手もあるんです。 インターネットオークションでは、「新品未開封」なんて商品も結構売ってはいるのですが、 基本的には中古品(USED)の商品の販売になっています。 「人が使った物なんてイヤだ!」などという方には、ちょっとすすめられないのですが、 「お目当てにしているアイテム自体が綺麗であるなら別にいいよ」という方にはオススメできます。 クロエ(Chloe)のバッグやアクセサリーはもちろんのこと、その他のブランドのアイテムでも、 掘り出し物がみつかるかも知れません。一度覗いてみるのもいいかもしれませんね。

クロエ(Chloe)のバッグ、財布、香水、サングラスなど トップへ