フランクミュラーについて

フランクミュラーの時計に興味をお持ちですか?フランクミュラー(FRANCK MULLER)と言えば、 あの個性的な高級時計を作るスイスのブランドで、過去に一時期、日本でも騒がれましたが、今でもその地位は揺るいでいません。 創業者はスイスヌーシャテル州生まれの時計技師フランク・ミュラー氏で1992年に時計会社を設立しました。 ブランドの名前は、創始者の FRANCK MULLER にちなんで付けられましたが、 彼はブランドを立ち上げる前から、その天才的な時計職人の腕で既に有名で、 スイスやヨーロッパ各国においてもその名を知る人も多かったようです。 そしてその腕はなんとあの有名なブレゲの再来とも称されるほどだったとか。

フランクミュラーのデザイン

フランクミュラーの時計というものは、そのユニークなデザインで有名です。とくに彼のデザインは樽型のものが多く、 トノースタイル(トノーとはフランス語で「樽」という意味です。)はフランク・ミュラーの登場によって、 スイスの時計業界の定番になっていったと言っても言い過ぎではありません。 フランク・ミュラーのトノー型の時計は、従来のスクエアな時計と違いって、大ぶりの時計をたる型にまとめ、 尚かつ腕にフィットするように手首に接する部分を湾曲させたものになっています。 フランクミュラーの時計は、概して大ぶりなものが多く、最近のラージサイズの時計のきっかけにもなっていますが、 いろいろな遊び心を満載しています。 「カラードリーム」や「クレージーアワーズ」などには、今までの腕時計の概念を変えるユニークなデザインと 趣向がこめられています。 特に「ベガスモデル」は、時計の張りがルーレットの役目を果たしている作りになっており、見ているだけでも楽しく飽きさせないデザインです。 「バンカーズモデル」は、世界時間に対応したものになっていて、デザインと機能の突飛さは、 他の時計には決して見られないものです。

フランクミュラーのムーブメント

ユニークなデザインのフランクミュラー(FRANCK MULLER)ですが、その時計としての真骨頂は、 ツールビヨンに見られる、最高峰の機械時計技術をムーブメントに使っているモデルに有ると言えるのではないでしょうか。 フリー・オシレーション・トゥールビヨン・ジャンピングアワーが付いたレギュレーター文字盤や、 最高峰の技術のリバース・トゥールビヨン・ミニッツリピーター・パーペチュアルカレンダーなどは、 フランク・ミュラーが成し遂げた、そして彼しか成し遂げることができなかった、スイス機械式時計の金字塔なのです。 スイスの機械式時計を支えているのは、有名なメーカーはもちろんなのですが、フランクミュラーなどに代表される、時計工房です。 それらのマイスターが作る時計は、時計と言うよりは、もう芸術品や宝石と言ってもいいくらいで、 毎年開かれるバーゼルの展示会でしか、一般人は見ることが出来ません。 マイスターの作る時計はそれほどのものなので、当然ながら価格も高額になります。 それはマンションが買えてしまうほど高価なものばかりで、貴重な時計ばかりなのです。 フランクミュラーの時計も、アフターマーケットで未だに100万円以上の高値で取引されていますが、 年を経て何十年後であっても、彼の時計が評価されなくなることなどはないでしょう。 そして、これからのフランクミュラーが、時計作成やデザインで行くところまで行った後に、 どんな時計を作ってくるのかも興味のあるところです。

フランクミュラー(FRANCK MULLER)の腕時計 トップへ